おもしろいモノやガジェットを紹介したり、欲しい物を「欲しい!」というサイトです。


LEGO レゴ Architecture フランク・ロイド・ライトの落水荘とグッゲンハイム美術館

LEGO レゴ Architecture フランク・ロイド・ライトの落水荘とグッゲンハイム美術館が美しい。

フランク・ロイド・ライトの落水荘

海外で発売されていたレゴ アーキテクチャーシリーズが日本で正式に発売されることが決まりました。
レゴ アーキテクチャーシリーズは建築家シリーズと、ランドマークシリーズがあり、建築家シリーズではフランク・ロイド・ライトの建築が発売されています。

「落水荘(Fallingwater)」はペンシルベニア州のピッツバーグにあり、1937年末に建築家フランク・ロイド・ライトの設計により竣工した建築で、カウフマンズ(アメリカのデパート)のオーナーであるエドガー・カウフマンが週末を過ごすための別荘としてつくられました。
「落水荘はこの地球上で経験できる偉大な祝福のうちの1つである。私はこの場所ほど、安らぎの原則が調和し共鳴している場所は他にないと思う。森、小川、岩、構成する全ての要素がとても静かに一体化され、一切の雑音がないかわりに、小川のせせらぎがそこにあるだけだ。落水荘を聴くということは、その場の静けさを聴くということなのだ。」とライトは語っている。

LEGO フランク・ロイド・ライト 落水荘

このフランク・ロイド・ライトの名建築がレゴとして身近におくことができます。
この度、日本で正式に発売が決まり、Amazonで通常配送無料で購入することが出来ます。
特徴的な水の流れは透明なブロックで再現されていて、緻密な設計を感じることが出来ます。

Amazon:LEGO アーキテクチャー カウフマンズ邸・落水荘 21005
1934年に フランク ロイド ライトにデザインされた落水荘は 世界で もっとも有名な住宅の一つと言われています。1962年より 一般にも公開され 人と環境が密接に融合したフランク ロイド ライトの有機的建築スタイルの好例であるマスターピースです。建築家 アダムリード タッカ―により詳細までデザインされたレゴのモデルはこの落水荘を建築のランドマークたらしめた特徴的な部分をうまくとらえています。
通常配送無料
さらに、Amazonで購入できるレゴ アーキテクチャーシリーズ一覧を見る
フランク・ロイド・ライト グッゲンハイム美術館

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館はアメリカニューヨーク市にある近現代美術専門として、アメリカの鉱山王・ソロモン・R・グッゲンハイムのコレクションを収蔵した美術館です。
グッゲンハイム美術館は、1959年に完成しましたが、設計したフランク・ロイド・ライトの死後半年後のことでした。
「かたつむりの殻」とよく形容される螺旋状の構造をもったこの建築物は、中央部が巨大な吹き抜けになっていて、見学者は、まずエレベーターで建物の最上部に上がり、螺旋状の通路の壁面に掛けられた作品を見ながら順路を進むうちに自然に階下へ降りるようになっています。

LEGO フランク・ロイド・ライト グッゲンハイム美術館

こちらの名建築もレゴ アーキテクチャーシリーズとして発売されています。
Amazonで通常配送無料で購入することが出来ます。
有機的な構造が再現されていて、部屋を飾るインテリアとして欲しい。

Amazon:LEGO アーキテクチャー グッゲンハイム美術館 21004
20世紀の偉大なる建築家 フランク ロイド ライトにデザインされ、ニューヨークで もっとも有名な美術館のひとつ グッケンハイム美術館は、ちょうど彼の他界の2ヶ月後にオープンした 建築家アダム リード タッカ―にデザインされた この複雑に絡み合って立つレゴのモデルは、フランク ロイド ライトの革新的のヴィジョンとオーガニックなデザインの功績をたたえています。
通常配送無料
さらに、Amazonで購入できるレゴ アーキテクチャーシリーズ一覧を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランダムに記事を5つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック