おもしろいモノやガジェットを紹介したり、欲しい物を「欲しい!」というサイトです。


isa Larson (リサ・ラーソン)ぬいぐるみ ミニライオン

Lisa Larson (リサ・ラーソン) ぬいぐるみ ライオン

Lisa Larson (リサ・ラーソン) ぬいぐるみ ライオンが仲間に入りたそうにこっちを見ている。

Lisa Larson (リサ・ラーソン) ぬいぐるみ ライオン 正面写真

スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソン。1954年、大学卒業と同時にStig Lindberg(スティグ・リンドベリ)のスカウトで、当時スウェーデン最大の陶芸製作会社であったGustavsberg(グスタフスベリ)社に入社したリサは、1979年の独立までの間に動物シリーズをはじめ数々の優れた作品を残しました。独立後フリーデザイナーとして活躍した彼女は、1992年、Gustavsberg社在籍時代のパートナーであったFraneo Nicolosi, Siv Solinsと共に、Keramik Studion Gustavsberg社を設立、Gustavsberg社在籍時代の作品の復刻をスタートしました。さらに新しい作品も発表し、現在も精力的に活動を続けています。

Lisa Larson (リサ・ラーソン) ぬいぐるみ ライオン 左後方写真

「抱きしめられるリサ・ラーソン」をコンセプトとしたぬいぐるみシリーズのLion(ライオン)です。陶器の物と比べるとやや大きめのサイズとなっています。

Lisa Larson (リサ・ラーソン) ぬいぐるみ ライオン 後ろからの写真

後ろからの写真。
ぱっと見、なんだか分かりませんが。お尻の尻尾がくるりと、こちらも陶器のLisa Larson (リサ・ラーソン) Lion(ライオン)と同じですネ。

Lisa Larson (リサ・ラーソン) ぬいぐるみ ライオン 腹部写真

お腹のようすです。
そろえられた手が可愛らしい。肉球も欲しいところですね。

Lisa Larson (リサ・ラーソン) ぬいぐるみ ライオン アップ写真

下から見上げると鼻のでかさが強調されます。
でかっ鼻ライオン。

Amazon:リサ・ラーソン ぬいぐるみシリーズ(ライオン)
リサの代表作がぬいぐるみになりました。 コンセプトは「抱きしめられるリサ・ラーソン」 リサの作品を、もっと身近に抱き寄せてください。
Amazon:リサラーソンぬいぐるみシリーズ(ミニライオン)
リサの代表作がぬいぐるみになりました。 コンセプトは「抱きしめられるリサ・ラーソン」 リサの作品を、もっと身近に抱き寄せてください。 そして、あのライオンのミニがついに登場。 どこでも連れて行ってあげてください。
さらに、Amazonで購入できるLisa Larson (リサ・ラーソン)の作品一覧を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランダムに記事を5つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック